« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

被災地のあなたに

今日の読売新聞に 詩集「くじけないで」で知られる99歳の詩人柴田とよさんが被災者に宛てたメッセージが載っていた。

      被災地のあなたに

         最愛の人を失い

         大切なものを流され

         あなたの悲しみは

         計り知れません

         

         でも 生きていれば

         きっと いい事はあります

         お願いです

         あなたの心だけは

         流されないで

         不幸の津波には

         負けないで

家族を失い 家を失い 仕事も失った人達の報道に接すると本当に言葉もありません。
   本当に「心だけは流されないで」                        

         

2011年3月29日 (火)

35日ぶりの練習

3月26日 35日ぶりのアンサンブルの練習があった。 東北関東大震災があったために練習が1回中止になったためだ。一ヶ月に二回しかない練習だから痛い。

なるたけお喋りなしで練習したから なんとか格好はついてきた。 5月15日の本番まであと4回の練習で大丈夫だろうか?。

2011年3月28日 (月)

富士根北中のかたくり

県内では数少ないかたくりの保護地である 富士宮市の富士根北中の群生地へ行って来た。 北中の生徒が東北関東地震の義援金を募金していたので奮発して寄付した。私は 被災者のために何かしたいと思っても 現実には募金をするしか出来ない。早く被災者が元の生活に少しでも近ずくように願う。

11328

Dsc01562

Dsc01553

Photo                  ついでに立ち寄った富士宮市内の寺で桜g七分咲き。
                  ソメイヨシノだろうか?。

Photo_2                  寺の屋根の模様・・・ 以前の日本航空のマークにそっくり。
                 このマークがまた復活するとか。

2011年3月21日 (月)

好きな昭和の歌

今日の読売新聞に 昭和の時代に流行した好きな歌 曲を三つまで挙げてもらった結果が載っていた。 順に

         1  川の流れの世に     美空ひばり
         2  上を向いて歩こう     坂本 九
         3  UFO            ピンク・レディー
         4  いい日旅立ち      山口百恵
            高校三年生       舟木一夫
         6  なごり雪         イルカ
         7  秋桜           山口百恵
         8  神田川          南こうせつとかぐや姫
         9  りんご追分        美空ひばり
        10  柔             美空ひばり
        11  いとしのエリー      サザンオールスターズ
        12  赤いスイートピー    松田聖子
        13  悲しい酒         美空ひばり
        14  リンゴの歌        並木路子
        15  およげたいやきくん   子門真人
        16  青い山脈        藤山一郎
        17  愛燦燦         美空ひばり
            お富さん         春日八郎
        19  有楽町で逢いましょう フランク永井
            夜霧よ今夜もありがとう  石原裕次郎

        まず気がつくのが 演歌がほとんどない。 美空ひばりが20曲のうち5曲も入って
                いる。 

     

うるおいてい

うるおいてい携帯電話から投稿

お彼岸でお墓参り 奥さんの実家のお墓参りの帰りに富士宮の評判のやきそばの「うるおいてい」で昼食。  硬めの麺なので多めの水をいれて焼いた焼きそばは多めのソースとからんで濃い目の味だ。

お好み焼きは7~8分も蒸らして焼いたので中の具が柔らかくてほくほく。

評判どおりたいへん美味しかった。
今度は息子たちも連れて食べに来よう。

2011年3月20日 (日)

戦争をやめてテニスをしよう

今朝NHKテレビで放送された 「アジアン スマイル」。
紛争を続けているインドとパキスタンの二人のテニスプレイヤーがダブルスで全豪 全米オープンで上位入賞している。 「戦争をやめてテニスをしよう。」と印刷したTシャツを着て世界に平和を訴えているのだ。 

2011年3月17日 (木)

東北関東大震災の余波

月に2回のアンサンブルの貴重な練習が 中止になった。 未曾有の大震災で何千もの方が亡くなり 何千もの方が行方不明の状況で 楽器を吹いて楽しんでいていいのだろうか。  4月の静岡まつりが中止  サッカーの試合は一部中止  その他 延期 中止の発表 今日は私の仕事関係の会合も中止になった。 クラリネットポップスアンサンブルも 稲垣邸でのコンサートをやって良いのか自粛したほうが良いのか・・・・。

2011年3月12日 (土)

地震の爪あと

昨日の地震の凄さ・・・ テレビの映像を見て自然の凄さに圧倒された。被害に遭われた方 ほんとうにお気の毒だ。

富士市でも地震の爪あとを残した。私の住んでいる所は停電しなかったのだが 原田 今泉方面は信号機も点かなかったようだ。

私の所から300メートルの食品製造会社の煙突が真ん中から ポッキリと折れてしまったのだ。 だれも怪我をしなかったからよかった。 奥さんが偶然折れて落下するのを見てしまったのだ。 なかなか見られる物ではない。
今朝はヘリコプターが取材で工場の上空を飛んでいた。

Photo

2011年3月10日 (木)

ハクモクレン

吉原本町の 元ヤオハンの近くのハクモクレンが咲き出した。
まだ 木の芽が出ていないのに花が咲くハクモクレン。 そこだけが春が来たみたいだ。 以前この時期富士山の撮影に山梨県内の山に登った時 遠くから見て白い花が咲いていて 梅の花だろうと思い近くまで行ったところ コブシの花だったのを思い出す。

コブシは モクレン科の木だ。 他の木々がまだ芽が出ていないから白い花は目立つのだ。 山では春一番の便りだろう。

11308

       北国の春

いではく作詞・遠藤実作曲


白樺(しらかば) 青空 南風
こぶし咲くあの丘 北国の
ああ 北国の春
季節が都会ではわからないだろうと
届いたおふくろの小さな包み
あの故郷
(ふるさと)へ帰ろかな 帰ろかな

雪どけ せせらぎ 丸木橋
落葉松
(からまつ)の芽がふく 北国の
ああ 北国の春
好きだとおたがいに言いだせないまま
別れてもう五年あの娘
(こ)はどうしてる
あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな

山吹
(やまぶき) 朝霧 水車小屋
わらべ唄聞こえる 北国の
ああ 北国の春
兄貴も親父
(おやじ)似で無口なふたりが
たまには酒でも飲んでるだろか
あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな


      心まで暖かくなるような歌だ。

2011年3月 4日 (金)

サエラのホーハイ節

今日 お昼のNHKテレビの金曜バラエティに出演した 「サエラ」の歌った民謡ホーハイ節・・  サエラとは 歌とピアノの二人組ユニットで 歌謡曲 民謡 童謡 ポップスまでこなす おばさん二人。なんて言ったら怒られそうだが二人ともお孫さんがいるそうだ。とにかく歌がうまい・・・。民謡のホーハイ節・・・ピアノの伴奏のアレンジが洒落ていてポップスのようだ。 サエラ・・・今日の今日まで私は知らなかったのだがファンになってしまった。

http://www.youtube.com/watch?v=eDVwbeT0caY

2011年3月 3日 (木)

静岡県出身音大生によるサクソフォンアンサンブルコンサート

「静岡県出身音大生によるサクソフォンアンサンブルコンサート」を聴いてきた。
サクソフォンアンサンブルは音色が同じなのでハーモニーが合致するとなんともいえぬ心地良さである。音量もあるのでカルテットでも迫力がある。 ロゼシアターの小ホールはよく響く演奏しやすそうなホールだ。あこがれのホール。いつかクラリネットポップスアンサンブルでも演奏してみたい。 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »