« サエラのホーハイ節 | トップページ | 地震の爪あと »

2011年3月10日 (木)

ハクモクレン

吉原本町の 元ヤオハンの近くのハクモクレンが咲き出した。
まだ 木の芽が出ていないのに花が咲くハクモクレン。 そこだけが春が来たみたいだ。 以前この時期富士山の撮影に山梨県内の山に登った時 遠くから見て白い花が咲いていて 梅の花だろうと思い近くまで行ったところ コブシの花だったのを思い出す。

コブシは モクレン科の木だ。 他の木々がまだ芽が出ていないから白い花は目立つのだ。 山では春一番の便りだろう。

11308

       北国の春

いではく作詞・遠藤実作曲


白樺(しらかば) 青空 南風
こぶし咲くあの丘 北国の
ああ 北国の春
季節が都会ではわからないだろうと
届いたおふくろの小さな包み
あの故郷
(ふるさと)へ帰ろかな 帰ろかな

雪どけ せせらぎ 丸木橋
落葉松
(からまつ)の芽がふく 北国の
ああ 北国の春
好きだとおたがいに言いだせないまま
別れてもう五年あの娘
(こ)はどうしてる
あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな

山吹
(やまぶき) 朝霧 水車小屋
わらべ唄聞こえる 北国の
ああ 北国の春
兄貴も親父
(おやじ)似で無口なふたりが
たまには酒でも飲んでるだろか
あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな


      心まで暖かくなるような歌だ。

« サエラのホーハイ節 | トップページ | 地震の爪あと »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546739/51085326

この記事へのトラックバック一覧です: ハクモクレン:

« サエラのホーハイ節 | トップページ | 地震の爪あと »