« 35日ぶりの練習 | トップページ | 妙松寺の桜 »

2011年3月30日 (水)

被災地のあなたに

今日の読売新聞に 詩集「くじけないで」で知られる99歳の詩人柴田とよさんが被災者に宛てたメッセージが載っていた。

      被災地のあなたに

         最愛の人を失い

         大切なものを流され

         あなたの悲しみは

         計り知れません

         

         でも 生きていれば

         きっと いい事はあります

         お願いです

         あなたの心だけは

         流されないで

         不幸の津波には

         負けないで

家族を失い 家を失い 仕事も失った人達の報道に接すると本当に言葉もありません。
   本当に「心だけは流されないで」                        

         

« 35日ぶりの練習 | トップページ | 妙松寺の桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

IWAちゃん こんばんは
最近の報道を見ますと 支援の輪がどんどん拡がって状況は良くなっているようですね。日本人の助け合い精神はすごいです。

こんばんは、
心だけは強く持ち続けて欲しいものですね、
辛い後には必ずや良い事が訪れますので!、
此処は我慢の為所ですね。
5月15日のコンサート成功を祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546739/51257179

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地のあなたに:

« 35日ぶりの練習 | トップページ | 妙松寺の桜 »