« 北海道旅行 | トップページ | レモンの赤ちゃん »

2014年6月16日 (月)

静岡交響楽団演奏会

いよいよ サッカーワールドカップ始まりました。

それに因んだ演奏会を聴きに行ってきました。

Photo

~ヴェルディ・オペラ合唱曲で巡る世界サッカー紀行~

サッカーにまつわるクラシック曲は意外に多いのです。
今回はワールドカップにちなんで、ヴェルディ・オペラに登場する合唱曲を中心に、サッカーにまつわる曲を集めてみました。

『アイーダ』の「凱旋行進曲」、『ナブッコ』の「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」など、スタジアムはもとより、海外のサッカー中継からも聴こえてくる、サッカー好きにはお馴染みの曲が勢揃いです。

指揮/海老原 光
ソプラノ/岩下昌子
テノール/望月光貴
管弦楽/静岡交響楽団
合唱指導/戸﨑裕子、戸﨑文葉
ナビゲーター/高山久美子
合唱/県民参加による合唱団、静岡児童合唱団&青葉会スペリオル

■プログラム
ヴェルディ
オペラ≪椿姫≫より<乾杯の歌>(ソプラノ、テノール、合唱)
オペラ≪ナブッコ≫より<行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って>(合唱)
オペラ≪リゴレット≫より<女心の歌>(テノール独唱)
オペラ≪アイーダ≫より<凱旋行進曲>(合唱)、<勝ちて帰れ>(ソプラノ独唱)
オペラ<運命の力>序曲
オペラ<シチリア島の夕べの祈り>序曲
エルガー
行進曲≪威風堂々≫Op.39より第1番 ほか

                                                                   マリナートのホームページより

60名の合唱団 ソプラノ テノール が参加してのベルディのオペラのアリア 合唱曲。

全部が馴染みのある曲で1時間50分が短く感じられました。

アイーダの凱旋行進曲は常葉大学の学生の金管楽器がステージの袖に二手に分かれ

華麗にファンファーレ・・・コーラスも加わりホール全体が鳴り響きました。

運命の力のクラリネットのソロ・・・さすがプロの音色。

ナブッコの 「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」は FM放送等で何回も聴いたことが

あるのだが コーラス入りの生演奏はやっぱり録音とは違って素晴らしかった。

今回のコンサートは コーラスの魅力 ベルディの魅力を再認識させられました。

静岡交響楽団の熱演に拍手・・・・・。

 

 

« 北海道旅行 | トップページ | レモンの赤ちゃん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546739/59826162

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡交響楽団演奏会:

« 北海道旅行 | トップページ | レモンの赤ちゃん »